うけいれ全国 活動報告ブログ

保養・避難の裾野を広げるために、私たちの活動内容をお伝えします!

11月18-19日(土・日)、郡山市で相談会と学習相談会



11月18-19日の土日、うけいれ全国の相談会&学習講演会を福島県郡山市でもちます。

★★【1日目】★★
『ほよ~ん相談会 2017 冬』中通り相談会(郡山市)
冬休みや春休みの保養企画を持ち寄って全国から支援団体が集います。
医師など専門家による「こころとからだの相談室」、心身のほぐしや免疫力を高める手当て法の専門コーナーも併設。
日時:2017年11月18日(土)13時~17時
会場:郡山市民文化センター1階 展示室
(〒963-8878 福島県郡山市堤下町1−2)

http://bunka-manabi.or.jp/kc-center/

[注]会場には駐車場がありません。周辺の有料駐車場などをご利用ください。
入場:無料(託児はありません)

★★【2日目】★★
~311受入全国協議会5周年企画~
原発事故から7年目の今を考える「いのちと希望の全国交流会」
『市民による測定』からわかること、考えること
日時:11月19日(日)12時30分~15時
12:30〜13:15  いわき放射能市民測定室たらちね  活動報告 45分
13:30〜15:00 『 福島県内での測定について』 講師:吉田千亜さん(フリーライター) 質疑応答含め90分
会場:郡山市民文化センター5階 集会室
(〒963-8878 福島県郡山市堤下町1−2)
[注]会場には駐車場がありません。周辺の有料駐車場などをご利用ください。

http://bunka-manabi.or.jp/kc-center/

入場:無料(託児はありません)


投 稿: Hayao

2017 年 11 月 12 日 9:53 pm

11月18日郡山相談会ブース参加募集(19日全国交流会・講演会の案内も)



拡散希望
【冬の保養の相談会11月および全国交流会・講演あり】

「相談ブース出展」および「資料のみ」で参加希望の保養受入団体。
そして不足している「会場運営ボランティア」の募集開始です!!

締切は10月27日(金)です!!
20日間と短いのでお早めにご準備お申込みください。

こちらの専用申込フォームからお願いします。
https://goo.gl/Pu7esX

全国から20団体以上が集いマッチングをしたり、現地で生の声に耳を澄ます機会です。
参考動画) https://youtu.be/DJ7CqsNWsCI
ぜひご一緒して、子ども達の笑顔あふれる冬から春を創りましょう。

===
「ほよ~ん相談会2017冬」
【日程と会場】(^◇^)
★【1日目】★2017年11月18日(土)
中通り相談会(郡山市)13時~17時
会場:郡山市民文化センター1階 展示室
(〒963-8878 福島県郡山市堤下町1−2)
http://bunka-manabi.or.jp/kc-center/

■1日目の予定)
11:00~12:00 スタッフ集合・会場設営(野菜の袋詰めは終了済み
12:00~13:00 参加団体集合・打ち合わせ・ブース準備
13:00~17:00 「相談会」
17:00~17:30 撤収作業
17:30~18:00 ふり返り(同会場にて) ←翌日の交流会があるので簡略化

==

★★【2日目】★★2017年11月19日(日)
~311受入全国協議会5周年企画~
原発事故から7年目の今を考える「いのちと希望の全国交流会」
日時:11月19日(日)9時30分~15時
会場:郡山市民文化センター5階 集会室
(〒963-8878 福島県郡山市堤下町1−2)
http://bunka-manabi.or.jp/kc-center/

■2日目の予定)
08:30 スタッフ集合・会場設営     
09:00  参加団体集合・打ち合わせ
09:30〜11:30 送り出し団体と受け入れ団体の意見交換会<クローズド>
11:30〜12:30 昼食休憩
『市民による測定』からわかること、考えること <一般参加>
12:30〜13:15  いわき放射能市民測定室たらちね  活動報告 45分
13:30〜15:00 『 福島県内での測定について(仮)』
 講師:吉田千亜さん(フリーライター) 質疑応答含め90分
15:30~16:30 ふり返り(同会場にて)

===

◆主催:311受入全国協議会
◆協力:未知の会、踏青楽舎、フクシマの子ども保養プロジェクト、青空保育たけの子、ライフケア、Earth Angels、かふぇぷらす郡山、3a!郡山(安全安心アクションin郡山)、はっぴーあいらんど☆ネットワーク、銀河のほとり、いわきの子どもを守るネットワーク、いわき放射能市民測定室たらちね、森の遊学舎/こめらの森・南会津、とちの実保養応援団
   
◆後援:福島県、福島県教育委員会、郡山市、郡山市教育委員会
◆協賛:特定非営利活動法人 CWS Japan

===

この相談会は放射能汚染事故からの保養・避難を求める方と、支援する団体の両方を応援しているネットワークコミュニティーである「3.11受入全国協議会(うけいれ全国)」が主催しています。 http://www.311ukeire.net/

特定非営利活動法人 CWS Japanのご協賛をいただき、2017年度は2回(6月と11月)の開催です。 http://www.cwsjapan.org/

福島県内のお子さんがいる家庭にもチラシが配布されますが、全市町村に配布は難しい状況です。チラシを受け取れないご家庭や受入側の団体にも情報が届くように拡散シェアにご協力ください。

参考)森の遊学舎/こめらの森・南会津 の参加履歴や写真アルバム
https://www.facebook.com/394386487238089/photos/?tab=album&album_id=672340872775981


投 稿: Hayao

2017 年 10 月 6 日 5:04 pm

カテゴリー: 全国交流会,相談会

うけいれ全国交流会@山梨(10/14-15)開催



10月14-15日(土日の一泊二日)に開催される「うけいれ全国交流会」の正式な案内です。

 詳細は下記の案内文を読んでいただくとして、その前に、重要な点を記します。

  *   *   *
・参加にあたっての交通費と宿泊費の助成があります(1団体2名まで/食費自己負担)。
・部屋や交通手段の準備もあるので、9月14日までの申し込み締め切りとします。
 (定員を超えたときには、参加申し込みを期限前に打ち切る場合もあります。)
・今回の山梨県北杜市での開催は、「4月3日のひろば」がホスト団体として準備に当たっており、申し込みも「43ひろば」へ。
 tsunagarunet43@ybb.ne.jp
  *   *   *

 なお、最初の申し込み手続きとしては、まず上記アドレスに参加団体名・個人名だけ、早めに送っていただけたらと思います。
 詳細情報のやり取りは、主催側と参加予定者のあいだで、後からおこないます。

  =================
    全国交流会 in 山梨 のご案内
  =================

原発事故から7年目、国による何の手立てもない中で全国各地の有志によって行われてきた「保養」活動も、いろいろな意味で新たな局面を迎えているように思います。
助成金や寄付金の減少による資金不足、継続して活動してきたスタッフの疲弊など、従来からの課題に加え、旅行業法抵触や保養需要減少論など新たな問題も浮上する中、全国各地の保養団体どうしの情報交換や連携の必要性はますます高まってきています。

全国各地の保養団体においては、事故から6年以上にわたって実施してきた保養プログラムの中で、さまざまなノウハウ、問題とその解決方法などが蓄積されているはずですが、これまで、保養相談会や交流会などで自己紹介の際に簡単な説明を聞くことはあっても、詳しく話を聞く機会はあまりなかったような気がします。

今回の交流会では、参加する各団体がそれぞれの活動について写真などを使ってもう少し詳しく紹介し、質疑応答を通して問題点や解決方法を共有する時間を設けることで、今後の保養活動について考える機会とし、参加団体どうしがじっくりと意見交換をしながら交流を深めることを目的とした会にしたいと思います。

会場は森の中のコテージで、施設内には温泉もあります。
お忙しい時期ではありますが、みなさんふるってご参加ください。

◇日程◇ 2017年10月14日(土)、15日(日)

◇会場◇ 山梨県北杜市白州町 名水公園べるが 森の研修棟・宿泊棟
    (北杜市白州町白須8056 http://www.verga.jp/)

◇スケジュール◇
10/14(土)
13:00 JR中央線 小淵沢駅集合(送迎バスにて会場に移動)

午後 第一部 甲信地域の保養団体による活動紹介&質疑応答
   第二部 交流会参加の各団体による活動紹介&質疑応答

夜  食事と交流会

10/15(日)
午前 北杜市内の保養活動拠点の見学(2~3カ所 バス移動)
    (五風十雨農場、むかわ保養の家、など)

12:30 JR中央線 小淵沢駅にて解散

================


投 稿: Hayao

2017 年 9 月 1 日 2:32 pm

カテゴリー: 全国交流会

6/17(土)西中誠一郎講演会「震災避難者の現在と政府・復興庁の姿勢」



6月17日(土)に一般公開で、フリージャーナリストの西中誠一郎さんの講演会を開催します。入場無料・予約不要です。お気軽におこしください。

西中さんは、この春、原発避難者を「自己責任」と切り捨てる今村復興大臣に対し、毅然と追及を重ね、「うるさい!」「出ていけ!」と大臣に逆切れされたことで、一躍世間の注目を浴びました。
この西中さんが直後に受けたインタビューが、ネット上で読むことができます。
リテラ「西中誠一郎インタビュー」

http://lite-ra.com/2017/04/post-3059.html

西中さんは、震災後は原発事故による避難者に寄り添い、復興一辺倒の政府に対し、批判的なスタンスで取材活動を続けてきました。講演では、これまでの取材活動の成果の一部や舞台裏を話していただく予定です。取材映像もお見せする準備もしています。

宣伝協力もお願いします。とくに首都圏で保養活動に関わっているお知り合い、首都圏に避難移住されている被災者のかたに、この講演会情報を拡散してください。

   *

西中誠一郎氏講演会
「震災避難者の現在と政府・復興庁の姿勢」(仮)

日時:6月17日(土)15時15分~17時00分
会場:東京麻布台セミナーハウス(東京都港区麻布台1-11-5)
   http://kenshu.e-joho.com/azabudai/map.html
入場無料・予約不要

主催:311受入全国協議会・相談会WG


投 稿: Hayao

2017 年 6 月 14 日 9:12 pm

カテゴリー: 全国交流会,全国会議

6月17日、年次総会/西中誠一郎氏講演



6月17日(土)に311受入全国協議会の年次総会を開催します。
場所は、東京麻布台セミナーハウス(港区麻布台1-11-5)です。
総会は13時半から15時まで。

今回は15時より特別講演として、原発震災避難者の問題に取り組み続けてきた
フリーランスジャーナリスト・西中誠一郎さんにお話をしていただきます。
西中さんは、今年4月、今村復興大臣(当時)が避難者切り捨てをするのを
厳しく追及し、一躍有名となりました。

西中さんの取材活動、今村大臣との対決の舞台裏、その後のバッシングなど、
生々しい話をうかがえるものと思います。ぜひご参加を。

年次総会    13時半〜15時
西中誠一郎講演 15時〜17時


投 稿: Hayao

2017 年 6 月 13 日 10:57 pm

カテゴリー: 全国会議

6月3・4日の保養と移住の相談会(ほよ〜ん相談会)に50団体が結集!



6月3日(いわき市)、4日(二本松市)の保養相談会の参加団体が確定しました。

なんと、いずれの会場でも、全国から30団体以上、運営協力団体も加えると、50団体もが結集します。

原発震災発生から7年目の夏ですが、復興や風化の流れのなかで、これだけの団体が事故被災地に集まることができるというのは、ほんとうに素晴らしいことだと思います。

311受入全国協議会の相談会活動に、継続して関わってくださっている全国の団体に感謝します。

★【1日目】★2017年6月3日(土)
浜通り相談会(いわき市)13:30~17:00
会場:いわき市生涯学習プラザ4階
(〒970-8026いわき市平字一町目1番地 ティーワンビル内)

http://gakusyuplaza.city.iwaki.fukushima.jp/index.htm

★★【2日目】★★2017年6月4日(日)
中通り相談会(二本松市)11:00~15:00
会場:福島県男女共生センター1階
(〒964-0904 福島県二本松市郭内一丁目196-1)

http://www.f-miraikan.or.jp/

【ブース参加団体】
みみをすますプロジェクト[北海道]
ほっこりプロジェクト[北海道]
北海道寺子屋合宿[北海道]
フクとま[北海道]
ふらチャリ・富良野子ども保養キャンプ[北海道]
TEAM毎週末みんなで山形[山形]
子ども被災者支援基金[山形]=3日のみ
YWCA活動スペースカーロふくしま[福島]
森の遊学舎/こめらの森・南会津[福島]
ライフケア[福島]
たらちね・こども保養相談所[福島]=3日のみ
はっぴーあいらんど☆ネットワーク[福島]=4日のみ
いのちキラキラ希望の風フェスタin笹神[新潟]=3日のみ
とちの実保養応援団=3日のみ
長瀞やなせ カラッポのおうちの会[埼玉]=4日のみ
福島こども保養プロジェクト@練馬[東京]
Kids Dolphin Camp[東京]
福島こども支援・八王子[東京]
はちみつ會+福島の親子・町田の森ツアー[東京]=4日のみ
4月3日のひろば[山梨]
まつもと子ども留学基金[長野]
子どもたちを放射能から守る伊豆の会[静岡]
おいでん!福島っ子!運営委員会[愛知]
福福子どもの笑顔プロジェクト[福井]
殿下被災者受入委員会[福井]
terraねっと福井[福井]
ふくしまいせしまの会[三重]
福島保養キャンプinみえ[三重]
びわこ☆1・2・3キャンプ実行委員会[滋賀]
ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ[京都]
よつば関西保養キャンプ実行委員会[大阪]
たかつき保養キャンプ・プロジェクト[大阪]
ふくしまっ子津山でのびのび元気回復[岡山]
おいでませ山口♪定住支援ネットワーク[山口]
福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト[香川]
アースウォーカーズ[宮崎]

快医学手当て隊[健康相談]
こころとからだの相談室[健康相談]

【スタッフ参加団体・運営協力団体】
みみをすますプロジェクト[北海道]
SGU研[北海道]
未地の会[宮城]
森の遊学舎/こめらの森・南会津[福島]
踏青楽舎[福島]
Earth Angels[福島]
かふぇぷらす郡山[福島]
いわきの子どもを守るネットワーク[福島]
いわき放射能市民測定室たらちね[福島]
フクシマの子ども保養プロジェクト[福島]
はっぴーあいらんど☆ネットワーク[福島]
銀河のほとり[福島]
ライフケア[福島]
青空保育たけの子[福島]
3a!郡山[福島]
とちの実保養応援団[栃木]
リフレッシュサポート[東京]
むすびば[山梨]
4月3日のひろば[山梨]
KIプロジェクト[岐阜]

【資料参加団体】
福島の子どもたちを守る会・北海道[北海道]
むすびば十勝[北海道]
1000人で支える子ども保養プロジェクト[秋田]
KIプロジェクト[岐阜]
笑顔つながるささやまステイ[岐阜]


投 稿: Hayao

2017 年 5 月 23 日 12:32 am

カテゴリー: 未分類

夏の保養相談会(6月3・4日の参加団体・スタッフ募集)



【夏の保養相談会6月】

「311受入全国協議会」では、6月3日(いわき)、4日(二本松)に、現地相談会を開催します。

つきましては、ブース参加団体を募集しています(会場スタッフも)。
詳細以下で確認のうえ、5月19日(厳守)までにお申し込みください。

★こちらの専用申込フォームからお願いします。★
→ https://goo.gl/uBiXJ8
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【1日目】2017年6月3日(土)
浜通り相談会(いわき市)13:30~17:00
会場:いわき市生涯学習プラザ4階
(〒970-8026いわき市平字一町目1番地 ティーワンビル内)

http://gakusyuplaza.city.iwaki.fukushima.jp/index.htm

【2日目】2017年6月4日(日)
中通り相談会(二本松市)11:00~15:00
会場:福島県男女共生センター1階
(〒964-0904 福島県二本松市郭内一丁目196-1)

http://www.f-miraikan.or.jp/


投 稿: Hayao

2017 年 4 月 26 日 1:08 pm

カテゴリー: 相談会

夏の現地相談会、予告! 6月3・4日に、いわき・二本松



夏の保養と移住の相談会の日程と会場が決まりました。

詳細は後日お知らせするとともに、募集も開始します。

ひとまず、みなさんのご予定に入れておいてもらえるように、早めにお知らせします。

6月3日(土)が福島県いわき市、4日(日)が福島県二本松市での開催です。

片方だけでのブース参加も歓迎です。

ぜひご検討ください。


投 稿: Hayao

2017 年 3 月 13 日 8:47 pm

カテゴリー: 相談会

「カラッポのおうちの会」(埼玉)の学習会で話します



うけいれ全国の共同代表の早尾貴紀が、2月11日(土)に、埼玉県で保養活動をしている「カラッポのおうちの会」の学習会で話をします。『ルポ母子避難』(岩波新書)の吉田千亜さんといっしょです。

この厳しい現状のなかで、保養のこれからをみんなで考えましょう。

詳細はチラシやサイトをご覧ください。

http://karapponoie.web.fc2.com/


投 稿: Hayao

2017 年 2 月 2 日 3:06 pm

カテゴリー: その他

うけいれ全国交流会@東京(住宅支援打ち切り問題/新保養事業の提携)



うけいれ全国の相談会ワーキンググループでは、今年度と来年度の2年間、相談会&交流会をそれぞれ年に2回ずつ開催する事業を進めています。

最初の交流会は、9月に栃木県塩谷町で開催しましたが、それに続いて、今回で2回目になります。

今度は、全国から広く集まりやすいようにという意図で、東京で開催になります。

大きく、二つの課題について、レクチャー(プレゼン)をもらって、それに基づいて、うけいれ全国の各加盟団体がどのような取り組みができるのかを話し合います。

一つは、年度末(来年3月)に一部打ち切りが始まる避難者への公的住宅支援の問題で、支援打ち切りがどのような段階にあり、どのような影響があるのか。まとまった帰還者数が出た場合に、保養や移住の動きに変化があるのかどうか。うけいれ全国としても、いろいろな可能性を考えて構えておく必要があります。

この問題に熱心に取り組んでいる「避難の協同センター」の世話人である瀬戸大作さんに基本的なレクチャーをお願いしてあります。

http://hinan-kyodo.org/aboutus/members/

また、現在まだ検討中なのですが、首都圏に避難していて、今回の打ち切り対象となる当事者のかたにもお話いただけるようにするかもしれません。

もう一つは、最近うけいれ全国に加入された「いわき放射能市民測定室たらちね」さんの、新しい保養事業の説明および、その提携団体の模索です。たらちねさんは、ご存知のように、球美の里の福島事務所として動いてこられましたが、今後の長い保養の取り組みを考えたときに、それ以外の安定的な保養事業の展開が必要と判断されました。

うけいれ全国の役割として、これまでも、送り出し側と受入れ側との連携ということを重視してきましたが(まさに交流事業というのがそれなわけですが)、今度のたらちねさんの保養事業では、たらちねさんが送り出し側となって、いっしょに保養事業を進めていくことのできる受入れ側のパートナーさんを探し、安定的な関係を築いて、保養の募集と送り出し・受け入れをしていこう、というものです。

ぜひご関心のある保養実施団体さんには、この機会に交流会にご参加いただき、直接たらちねさんの話を聞いて、協力関係を探ってみてほしいと思います。きっと、受け入れ側のみなさんにとっても、今後の活動を継続していくうえで、多くの示唆があるものと思います。

   *

 今年度第二回うけいれ全国交流会

【日時】:2017年1月22日(日)10:00-15:30
【場所】:東京都・渋谷勤労福祉会館 第2洋室
 https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kinro.html

【内容】
 1、避難者への公的住宅支援打ち切り問題(10:00-12:00)
  講師:瀬戸大作さん(避難の協同センター世話人)

 2、「たらちね」の新保養事業の説明と提携団体の模索(13:00-15:00)
  提起:鈴木薫さん(いわき放射能市民測定所たらちね事務局)

 3、来年度の相談会と交流会の取り組みについて(15:00-15:30)

 参加希望のかたは、早尾までメールでお申し込みください。
 


投 稿: Hayao

2016 年 12 月 19 日 2:09 pm

カテゴリー: 全国交流会